五山送り火2019嵐山灯篭流しと一緒に見られる?おすすめの時間と場所は?

五山送り火
スポンサーリンク

京都のお盆8月16日といえば「五山送り火」と「嵐山灯籠流し」の2つが有名です。

どちらも夜の闇の中にたくさんの光が灯って幻想的な風景を作り出す人気のイベントです。

この2つのイベントを両方楽しみたい人には見逃せない情報として、「嵐山灯籠流しに行けば五山送り火も見られる」といわれているのはご存じでしょうか?!

五山送り火2019嵐山灯篭流しと一緒に見られるのか、その時間と場所をまとめました。

スポンサーリンク

嵐山灯篭流しとは?

嵐山灯籠流しの由来は昭和24年、戦没者の霊を慰めるために灯籠に供養を始めたことに由来します。

お盆にはご先祖であるお精霊様をお迎えして供養し、お盆が終わったら極楽浄土へお送りします。

灯篭流しは19時~21時頃迄、嵐山中ノ島公園にて行われます。

誰でも自由に参加でき、灯篭を当日に購入することもできます。

灯籠は1基 1,000円で、受付は10時30分~20時30分です。

灯篭流し当日の中ノ島公園は屋台も出て、多くの人が賑やかに集まります。

嵐山灯籠流しから見える五山送り火は何形?

嵐山灯籠流しから見える五山送り火はずばり、鳥居形です。

五山の中で唯一西山に位置し、高度も低いために市内各地から見るのは難しいものの、五山の送り火の中でも最も勇壮で美しいと称される送り火です。

 

この鳥居形は伝統を守って松明を燃やして点火されています。

今も松明を燃やして点火しているのは鳥居形だけ。

そして108つある火床は、人間の煩悩を焼き尽くします。

五山送り火は20時に大文字に点火されると、5分おきに順々に点火されます。

鳥居形は五山のうち最後に点火されます。

五山送り火と嵐山灯篭流しを一緒に見られるおすすめの時間と場所は?

五山送り火の鳥居形と嵐山灯篭流しをを鑑賞する有名スポットは、

嵐山公園中之島地区の中でも渡月橋が一番人気です。

観光客も訪れ一部では車両の通行規制も行われます。

駐車場も限られており、バスも車両規制のため通常運行のようにはいかないので、嵐山までは電車で行くことをおすすめします。

阪急嵐山から渡月橋までは歩いてすぐです。

 

灯籠流しは19時からスタート。

一つ一つ手作業で流していき、21時ごろまで続きます。

少しずつ川面に光が増えていくようすを眺めるのも幻想的ですね。

五山送り火は20時に大文字に点火されると、5分おきに順々に点火されます。

そして最後の鳥居形に火が灯るのが20時20分。

点火されてから約30分間点灯します。

このことから、五山送り火の鳥居形と嵐山灯篭流しを一緒に見るのにおすすめなのは鳥居形が点灯している2020分~50分ごろ。

灯篭がたくさん浮かぶ様子と五山送り火の両方が暗闇にとても美しい光景です。

まとめ

京都の夏の終わりを告げる、お盆8月16日のイベントとして有名な五山送り火2019と嵐山灯籠流しを一緒に見られるおすすめの時間と場所についてまとました。

  • 嵐山灯篭流しと一緒に見られる五山送り火は鳥居形
  • 五山送り火の鳥居形と嵐山灯篭流しをを鑑賞するスポットは、嵐山公園中之島地区の中でも渡月橋が有名で一番人気。
  • 五山送り火の鳥居形と嵐山灯篭流しを一緒に見るのにおすすめなのは鳥居形が点灯している2020分~50ごろ

夏の夜景に美しい文字がキレイに浮かび上がる光景は
なんとも荘厳で幻想的です。

五山の送り火を見ると、夏の終わりを感じてしまいますね。

そして川を流れていく灯篭の美しさにも見とれてしまいます。

こうやって遠い遠い昔から自分の祖先も行ってきた伝統行事に思いを馳せてみるのもいいですよね。

ほかのおすすめスポットも紹介しています。

五山送り火2019全て見える場所は?おすすめの穴場スポットは? 

コメント

  1. […] 五山送り火2019嵐山灯篭流しと一緒に見られる?おすすめの時間と場所は? […]

タイトルとURLをコピーしました