永観堂2019紅葉見頃時期や混雑は?ライトアップやアクセスも

京都紅葉
スポンサーリンク

平安時代から紅葉の名所として名高い永観堂、秋には約3000本ものモミジが赤く染まります。

境内で最も高所にある多宝塔からは真っ赤な境内と京都市街を一望できます。

そこで今回は、永観堂の2019年紅葉見頃の時期と混雑予想、ライトアップとアクセスもまとめていきます。

スポンサーリンク

永観堂2019紅葉見頃の時期は?

永観堂の紅葉は、境内に至る場所で鑑賞する事が可能です。

例年の色づき始めが、11月中旬

そして、例年の見頃が11月下旬です。

永観堂2019紅葉のライトアップは?

永観堂でも、秋の夜間特別拝観が行われます。

境内の宗教的な景観に紅葉の赤が美しくライトアップされます。

<永観堂秋の夜間特別拝観>

期間 11月 6日(水)~12月 4日(水)

開催時間 17時30分~20時30分(21時閉門)

拝観料 600円(中学生以上)

永観堂2019紅葉の混雑状況は?

京都の紅葉名所の中でも、永観堂は大変な混雑で有名です(不名誉ではありますが)。

永観堂の紅葉期間は平日土日ともに混雑します。

最も混雑する見頃の時期は11月中旬〜下旬頃、ピークになる時間帯は午前11時から13時です。

最大1時間並ぶくらい混雑します。

特に連休となると夜間拝観の行列に並んでも受付終了までに入れなかったという話もあります。

紅葉時期の永観堂の混雑を回避するならまだ色づき始めの11月上旬、もしくは小雨の日に行くと比較的人が少ないでしょう。

ライトアップ期間に行くなら、19時30分過ぎになると混雑は緩和されているようなので遅めの時間がおすすめです。

ピーク時期の週末や連休は遅めの時間に行くと入れない可能性もあるので、逆に早い時間から並んで待つ気合が必要そうです。

 

ライトアップと同時期に、昼間は秋の寺宝展を開催しています。

このイベントもあって、混雑が一層予想されます。

入れ替え制となっているので、ライトアップを続けて見ることはできません。

<永観堂秋の寺宝展>

期間 11月 6日(水)~12月 4日(水)

開催時間     9時~16時(受付終了)

拝観料 一般 1,000円 小・中学・高校生 400円

 

2018年の紅葉と混雑の様子をTwitterでたくさんの人がツイートしていました。

見に行く当日は情報収集していくと良いですよ。

永観堂2019紅葉のアクセスは?

秋の寺宝展・ライトアップの期間は駐車ができないそうです。

公共交通機関を使って行きましょう。

 

  • 市バス「南禅寺・永観堂道」下車、徒歩3分
  • 地下鉄東西線「蹴上」駅下車、徒歩15分

まとめ

今回は、永観堂の2019年紅葉見頃の時期と混雑予想、ライトアップとアクセスもについてまとめました。

 

  • 紅葉時期は、11月中旬から11月下旬
  • ライトアップは秋の特別夜間拝観として実施されます。同期間の昼間は秋の寺宝展入れ替え制です。
  • 平日土日ともに混雑し、特に見頃の週末や連休はものすごい混雑で行列に並んでも入れないといった事態も。混雑を回避するなら色づき始めの11月上旬や、ピークの時期でもできるだけ平日で、小雨の日が狙い目
  • 駐車場は紅葉の時期は使えないので公共交通機関を利用しましょう。

混雑には注意が必要ですが、永観堂の紅葉をぜひ堪能してくださいね。

<永観堂(禅林寺)>

住所       〒606-8445 京都市左京区永観堂町48

電話番号  075-761-0007

 

通常の拝観

拝観時間              午前9時~午後5時(受付は午後4時で終了) ※年中無休

拝観対象              諸堂および庭園(画仙堂、庫裏、浴室、永観堂会館は除く。なお、諸行事により一部の堂宇の拝観ができない場合があります)

拝観料   個人一般:600円、一般小・中・高生:400円、団体(30名以上)一般:500円、団体(30名以上)小・中・高生:350円

コメント

タイトルとURLをコピーしました