目黒のさんま祭り2019混雑と待ち時間!雨天時は?駐車場や口コミ感想

イベント
スポンサーリンク

目黒のさんま祭りは、落語の有名な『目黒のさんま』という噺(はなし)にちなんで、さんまを味わうことをメインにさまざまなイベントが催されます。

岩手県宮古市産の焼きさんま7,000匹が無料配布されるのを目当てに、例年約30,000人の人出がある人気イベントです。

そこで今回は、目黒のさんま祭り2019の混雑と待ち時間、駐車場について、雨天時はどうなるのか?そして口コミ感想まとめます。

ぜひ参考にしてください!

<第24回 目黒のさんま祭り>

日程 2019年9月8日(日)

時間 10:00~14:00頃

場所 JR目黒駅東口 目黒駅前商店街

スポンサーリンク

目黒のさんま祭り2019の混雑や待ち時間は?

目黒のさんま祭りは10:00~の配布時点で、すでに2,000人以上の人が並んでいます。

平均的な待ち時間は3時間~5時間と言いますから、長時間、炎天下の中を並んでいる覚悟と準備が必要です。

並び始めるおすすめ時間は7:00~8:00頃。

この頃であればほぼ確実にさんまをゲットできると思います。

遅くても10:00ころまでには並んでいないと、せっかく並んでも品切れとなってしまう可能性があるのでご注意くださいね。

年々行列が増加傾向にあるので、なるべく早めのアクションが良いと思います。

 

目黒のさんま祭りでは、日陰が全くない場所で約4~5時間並んでいることになり、思った以上に暑くて過酷です。。。

毎年、体調を悪くされて搬送される方もいますので熱中症対策などの準備は必須!!

周囲の自動販売機は全て売り切れとなってしまうので、飲み物は必ず持参で並んでくださいね。

日傘の使用は禁止となっています。

日焼け対策をしている方は帽子や日焼け止めをつけるようにしましょう。

また、コンビニのトイレは長蛇の列となるので、こちらも注意が必要です。

目黒のさんま祭り2019の当日が雨天の場合は?

小雨程度で炭火に影響がない程度ならそのまま焼さんまが提供されます。

かなりの雨が降ってしまうと炭火で焼くことができなくなってしまうので、生のさんまの配布のみとなってしまいます。

小雨ならそのまま開催されますが、傘の使用は禁止となっています。(人が多くて危険なため)

雨を防ぐためにカッパなどの雨具を持って行くことをおすすめします。

目黒のさんま祭り2019の駐車場はある?

<車でのアクセス>

首都高速2号線「目黒IC」より約650m約2分

 

会場周辺は道路を2車線規制しておかないと人が多すぎて歩くことができないくらい混雑してしまいます。

臨時駐車場の設置はありませんので、周辺の有料駐車場をご利用いただくことになりますが、規制されている所もあります

近くの駅よりパーク&ライドをおすすめします。

 

<電車でのアクセス>

JR・地下鉄「目黒駅」東口より徒歩約2分

 

車と比べて電車の方がスムーズに行けるのでおすすめですよ。

駅周辺はいつもよりも人が多く混雑しているので注意しましょう。

目黒のさんま祭り2019の口コミ感想

過去のさんま祭りのツイートを集めました。

当日は人と煙がすごいみたいですね!

苦手な方は煙対策もしておくといいでしょう。

まとめ

目黒のさんま祭り2019の混雑と待ち時間、駐車場について、雨天時はどうなるのか?そして口コミ感想をまとめました。

  • 焼きさんまの無料配布は大変な行列になり、待ち時間が3~5時間になります。熱中症対策もしっかりと!
  • 雨天時は小雨なら続行されます。傘は禁止なのでカッパの用意を。
  • 周辺の駐車場は規制されているところもあるので、電車の利用がおすすめです。

 

岩手県宮古市産の焼きさんまが無料配布されるイベント、やはり人気は高いです。

行列に並ぶなら対策をしっかりして行ってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました