大曲花火大会2019場所取りでテントは?桟敷席や立ち見は?

大曲花火大会
スポンサーリンク

毎年8月第4土曜日に開催される大曲花火大会は日本一の花火師を決める権威ある花火競技会です。

花火の美しさを競う大会なので、一度行くと他では満足出来なくなるほどのクォリティーの高さです。

とはいえ、日本一見るのが困難な花火大会でもある大曲花火大会。

そこで、大曲花火大会2019場所取りでテントは?桟敷席や立ち見は?というテーマでまとめたので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

大曲花火大会2019の場所取りは?

近年、無料観覧席が廃止され桟敷席などの有料観覧席ではなくても、花火観覧会場内は完全有料化となりました。

これまで無料観覧エリアだった場所から見る場合でも、2017年から環境整備協力金として一人1000円必要となっています。

自由観覧エリアの開放時間は当日の朝9時半頃と決まっており、開放時間までは観覧席エリアの場所取りをするための入場待機場所というレーンが作られます。

有料の環境整備協力金の支払は入場の際に支払うことになりますが、自由席入場開放時間の9時半になっても、料金の徴収や受け渡しに時間がかかる可能性もあります。

あらかじめ人数分の1000円札を用意しておくとスムーズですね。

なお、後から来る人のエリアの確保は禁止となっています。

さらには、一人当たりの観覧面積(広さ)は約1㎡と意外と狭いです。

しかし、区画割りをされているわけではありませんので、常識の範囲内でマナーをもって範囲をきめましょう。

 

有料観覧エリアは先着順で場所をとれるので、これまでも朝7時でも500人くらいの人が並んでいることがありました。

いい場所を狙いたいなら朝8時には到着しておきたいところです。

とはいえ、午前中に席を確保できれば大丈夫でしょう。

遅くても昼前には到着して席を確保したほうが良いです。

 

午前9時半以降のお金を支払った後エリア確保以降は、基本的に取った場所を無人にしても問題ありません。

隣合わせになった人などと仲良くなって隣接したグループ同士で交替で場所を確保しながら、屋台やお手洗いの下見などをするのは良くみます。

ただ、とにかく広く一度席から離れてしまうと分からなくなる場合もあり、マナー違反をする人も居るかも知れませんので、場所取り済みのスペースを完全に無人にすることは禁じられてはいませんが、やや危険な行為です。

場所取りでテントは?

場所取りしてから花火が始まるまでの待ち時間で大変なのが日中の日差し対策です。

ただ、有料観覧エリア内でテントやパラソルなど日射しを凌ぐ建て付けの物は禁止されています。

ですので、日傘や帽子などで日射しを凌ぎながら確保した場所を横取りされないようにしましょう。

特に天気が良い場合は猛暑になることも予想されますので熱中症対策や、屋外ですので虫よけ対策、そして突然の雨の可能性も考えて雨具も持っておくとよいでしょう。

前日入りでテント泊はできる?

遠方から参加する場合、前日のうちに車などで会場近くまで行き、朝から会場入りしたいという人もいるのではないでしょうか?

会場外でテント設置ができる区域がありますが、近年は利用される方の安全を第一に考えて、すべての河川敷駐車場で車中泊及びテント設営が禁止されています。

事前申し込みが不要のテント設営可駐車場が大仙市HPで案内されていますので、ルールを守ってテント設営をしましょう。

市が管理するテント設営可駐車場について

桟敷席や立ち見は?

桟敷席(有料観覧席)はインターネット販売か直接販売で事前購入できます。

個人で購入できるのはA席、C席とパイプイス席、そして今回から新設されたベンチ席、車いす席があります。

全ての有料観覧席が座って見られるようなので、立ち見になることはなさそうです。

予約のいらない有料観覧エリアでは、後で来る人の分の席を取っておくことが禁止されているので、待機列に並んで待つのが難しい高齢の方や障害のある方はベンチ席や車いす席も活用するとよいでしょう。

しかし残念ながら、全て事前予約のみの受付で早いうちに売り切れていることが多いようです。

 

桟敷席の抽選に漏れた方も自由観覧エリアでの場所取りを見据えつつ、チケット売買サイトなどをチェックしてみるとよいかもしれません。

直前までは、チケットを高値で売ろうとしていた人が、チケットを抱えたまま売れずに直前の2~3日前になると投げ売りを始めることもあるそうです。

まとめ

大曲花火大会2019場所取りでテントは?桟敷席や立ち見は?というテーマでまとめてきました。

日本三大花火大会の1つであり、毎年何十万人もの観客が押し寄せる花火大会です。

場所を取るのはもちろん、場所を取った後の暑さ対策は絶対に欠かせませんが、行くだけの価値がありますし、間近で見ると夏の思い出になるでしょう。

また、携帯電話は圏外になる可能性が高いので、はぐれた場合にどこで待ち合わせするか、事前に場所を決めておきましょう。

ぜひ入念に計画して、体調を整えて花火を楽しんでくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました